アメリカ 写真

gaisan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:京都( 11 )


2004年 09月 17日

植物園前のオブジェ

b0011363_18354395.jpg

先ほどの並木道の手前にこのオブジェが鎮座している。
このツノみたいなオブジェは不要な気もするが、もう見慣れてしまってないほうが不自然に思える。
ほんと、この金色のツノは遠くからでもよく目立ってるぜ。
[PR]

by gaisans | 2004-09-17 15:52 | 京都
2004年 09月 16日

植物園の並木道

b0011363_1835332.jpg

京都府立植物園に続く並木道。
植物園に行く人意外は、普通利用しないだろう。
車の往来がほとんどなく、常に静かなのがこの道のいいところ。
すぐ隣には賀茂川が流れているから、ここに惹かれているのかもしれない。
[PR]

by gaisans | 2004-09-16 21:25 | 京都
2004年 09月 15日

上賀茂橋から眺める賀茂川

b0011363_18341434.jpg

一番好きな道が北山通りなら、一番好きな川は間違いなくこの賀茂川だ。
特に、北大路橋から上賀茂橋の間は用もないのに何度も歩いた。
ずっと見てきたから、この川。この景色。
この川を見ると落ち着く。でも、少しさみしくなる。
いつも、下流方向を眺めながら、この川はどこまで流れていくんだろうって考えてた。
少なからず当時の自分には、この川の向こうに明るい光が見えていた。
また見えるといいなぁ、あの頃と同じ光が。
[PR]

by gaisans | 2004-09-15 21:54 | 京都
2004年 09月 13日

家の近くで

b0011363_11271650.jpg

この道も幼い頃から見てて、なぜかお気に入りだ。
両脇の木々も、当時は葉なんて一枚もなくてもっと貧弱だった記憶がある。
いつまでも、こういう殺風景な状態であり続けてほしいと思う。
[PR]

by gaisans | 2004-09-13 21:29 | 京都
2004年 09月 12日

変わらぬ商店

b0011363_124323.jpg

あまりにもいい味出してる店だったので、思わず一枚。
Calbeeの太陽のマークは古すぎるし、〝バーべQあじ〟のQになぜルビがふってあるのかも分からない。
さらに、この看板からはかっぱえびせんが〝えびせん〟であったことを、改めて思い知らされる。
[PR]

by gaisans | 2004-09-12 23:46 | 京都
2004年 09月 11日

御池通りのアイランドレイク(水の浮島)

b0011363_2301625.jpg

シンボルロード整備事業の一環として、2002年に完成した噴水。
バックに見える塔は、ライトアップされた京都市役所。
これを撮影した時全く時間がなくて、この角度でしか撮影する事ができなかった。
本当はもっと素敵な撮り方があるのだが、この方が自分らしい仕上がりでいいかなとも思う。
[PR]

by gaisans | 2004-09-11 02:45 | 京都
2004年 09月 10日

キルフェボン京都

b0011363_13544047.jpg

王道ではあるが、こういうかわいらしい建物が大好きだ。
カフェってのはどうしてこう、外観も内装もすてきなんだ、まったく。
この店は概ね昼の写真で紹介されているので、あえて夜に撮ってみた。
う~ん、やはり昼の方がきれいに見えるかもしれない。

すいません、先週は多忙を極めておりまして、とるもの手につかずという状況でした。
以前にも何度かこのような停滞が見られたので、今後もこのような事が十分起こり得るかと思います。
その時もまた数日で回復するつもりですので、どうか長い目で見守ってやってください。
写真は一日たりとも欠かすことなく撮り続けていますので、写真のネタ不足ということにはならないはずです。
そういうわけで、遅延する可能性がある旨、何卒ご了承下さい。
[PR]

by gaisans | 2004-09-10 14:08 | 京都
2004年 09月 09日

寿司と刺身

b0011363_1352054.jpg

これを載せた理由は極めて単純だ。
ただ、生ものが大好きだということをアピールしたかっただけ。
それにしても、食べ物の撮影というのはどれだけ練習しても難しい。
技術よりもセンスの方がモノをいう分野だと思うので、練習うんぬんっていう問題ではないのだろう、きっと。
[PR]

by gaisans | 2004-09-09 23:58 | 京都
2004年 09月 08日

白い街灯と赤いテールランプ

b0011363_13505128.jpg

通りに名前すらついてないような、田舎道。
シカゴの写真と比べれば明らかだが、日本の街灯は圧倒的に白い光を放っている。
個人的には、もう少し暖かい色の街灯が好みだ。
写真に写っているタクシー運転手が何をしているかというと、
この道はわりと最近開通した道なので、地元の運転手ですら道に迷ってしまって、
同じ会社の運転手同士でどうしようか、無線片手に相談しているというシーン。
人ってのはどうしても、旅先や珍しい風景を目にして初めて、写真に収めようとしがちだが、
こういうどこにでもあるような平凡な風景をどんどん撮ってほしいと思う。
自分の中で思い出に残る景色ってのは、一度だけ見た絶景よりも毎日見てる通学路なのである。
[PR]

by gaisans | 2004-09-08 23:58 | 京都
2004年 09月 07日

B-Lock北山

b0011363_1350133.jpg

下の写真の右端に写っている、安藤忠雄氏の作品。
この北山通りは、高松伸や安藤忠雄の作品が多い事でも知られている。
両氏による建物からは、どことなくバブリーな雰囲気が醸し出されていて、不思議な気分になる。
当時はコンクリートうちっぱなしってのが、大いに流行ったもんねぇ。
ポストモダン建築に興味がある人は、北山通りをよく観察して歩くといいと思う。
奇抜でバブリーだけど、どこかさみしい建築物がたくさん見つかる事だろう。
[PR]

by gaisans | 2004-09-07 21:30 | 京都